婦人科で適切な治療【不妊を否認せず病院へGOー】

妊婦

治療費の平均的な相場

不妊を治療していく上で気になるのが費用面です。不妊は病気でないので健康保険が適用されない治療が殆どであります。その中で最も費用がかからないのがタイミング法と言われる治療方法です。タイミング法は日常の基礎体温や排卵日を予測し、妊娠しやすい周期にセックスを行う方法であります。はじめて不妊治療を行う人は、このタイミング法は、健康保険適用できるため初めての人は、この治療方法から行なっていきます。
次に、治療方法としてあるのが人工授精です。人工授精は、排卵日に合わせて男性から精子を採取し、それを子宮内に入れる方法です。子宮に放たれた精子が卵子と授精し着床してくれる自然の流れを利用して妊娠へと結びつけるのです。これは保険適用外になるため、治療費は1回行うごとに3万円から5万円程の費用がかかります。成功の確率は90%あると言われていますが、それまでに5回前後の人工授精を行うのが平均的な授精回数と言われています。他にも体外授精があります。体外授精は言葉のとおり体外で卵子と精子を授精させることです。授精が成功したら、受精卵を女性の体内に戻して着床をまつ治療法です。体外で行う手間もかかることもあり、治療費は約30万円くらいが相場となっています。

これら費用は、婦人科や医療機関によって違うため、病院の情報は予め調べて受診することをオススメします。また、地域によって特定不妊治療費の助成を行なっているところもあるため確認するようにしましょう。本格的に治療を行う時は、資金面も考えて計画的に行うことも大切です。